施工事例

#
家族みんなが笑顔で暮らせる家

滑川市上梅沢に建つ田園風景になじむ家。広間の吹き抜けとソトとウチをつなぐ大開口の窓がコンパクトな空間をより広く感じさせてくれます。また家族の居場所がたくさんあり、なにもしていてもお互いを感じ合える安心感があるすまいになりました。このすまいは長期優良住宅の認定を受けており、耐震等級2のすまいです。

works_kamiumezawa2.jpg

ソトとつながる広間
家族が集まる広間からは大開口の窓の奥に遠くまで広がる田園風景と、奥に立山連峰のきれいな稜線を望めます。
近くに幹線道路が通っていますが、静かで穏やかな時間が流れる広間です。

works_kamiumezawa8.jpg

ダイニングとキッチン
キッチンからはダイニングと広間まで見ることができます。家族がなにをしているかがわかるからこそ安心感を感じます。

works_kamiumezawa3.jpg

あかりと陽を取り込む窓
吹き抜けの上には南に面した窓があり、穏やかな陽が室内に入ります。南向きの窓だけど、夏は日中に室内に陽が入りすぎるのを防ぎ、冬はあたたかな陽を室内に入れてくれます。

works_kamiumezawa11.jpg

吹き抜けを上がる階段
広間の途中、吹き抜けを上がっていく階段も広間の一部。段差に腰掛けてテレビを見たり、ちょっと横になったり。階段を「2階にあがるためのもの」だけにしてしまうのはもったいない。

works_kamiumezawa5.jpg

スタディスペースと子ども部屋
吹き抜けの階段を上がると勉強用のカウンター。個室が必要となる年齢までは兄妹が並んでここでお勉強。吹き抜けの上なので家族の声も届き、姿が見えなくてもこの場所にいる安心感があります。

works_kamiumezawa6.jpg

2階の広いフリースペースは、子ども達に個室が必要になった時のためあとから間仕切りができるようになっています。
works_kamiumezawa9.jpg
ご主人の部屋
2階には3帖ほどのプライベートスペース。今回は趣味の部屋として設けてありますが、在宅勤務の方にはちょうどいい仕事部屋として。同じ屋根の下にありますが、程よく家族とつながることができるスペースです。
みんなの楽しい声が聞こえてきそうなすまい

子どもの頃に過ごした時間は、大きくなってもその子の「原風景」として残っていきます。家族みんなが集まって楽しく過ごした時間や、自然風景が身近にあり自然の素材に触れることがこの場所とすまいを好きになる理由にもつながります。

永く残るすまいはいつの時代も家族の楽しい声が聞こえてきます。

works_kamiumezawa1.jpg

 

works_kamiumezawa10.jpg

東に面したウッドデッキからは遠くまで広がる田園と地鉄電車の姿を見ることができます。

 

滑川市上梅沢に建つ田園風景になじむすまい。