施工事例

#
日々幸せを感じる3世代が暮らす家

富山市郊外に建つ、3世代家族のすまい。会社の事務所も兼ねており、居心地の良さだけでなく仕事がしやすい使い勝手の良さも考えてあります。毎日の暮らしの中で幸せな瞬間を感じられる心地の良いすまいになりました。

works_omiyamachi9.jpg
長い時間を過ごすリビング
リビングは家族が集まり、長い時間を過ごす場所だからこそ居心地の良い場所に。無垢の床材、調湿効果のある珪藻土といった素材を使うこともその一つですが、窓から見える景色が室内を通る風などの「ソトとつながる部分」がより居心地のいい場所にしてくれています。

works_omiyamachi8.jpg

 

works_omiyamachi6.jpg

本棚とカウンター
仕事場としても利用しているダイニングにはカウンターと書類を整理できるように壁面に本棚を。仕事以外にもお子さんの勉強スペースとしても利用できます。

works_omiyamachi5.jpg

和室
広間に隣接している和室は客間としても、お子さんか小さなときは家族の寝室としても。窓からはお庭の椿と桜を眺めることができ、季節の移り変わりを身近に感じられます。

works_omiyamachi4.jpg

小屋裏部屋
秘密基地のような小屋裏部屋。格子をあけた下はリビングとダイニング。格子の扉なのでお互いに気配を感じられ、声も届きます。

works_omiyamachi2.jpg

深い軒とウッドデッキ
リビングの先にはお庭につながるウッドデッキ。軒の出が深いので雨が降っても窓を開けることができ、屋根の下で過せます。デッキの前には大きな桜の木と遠くに立山連峰の頂。春になれば雪化粧の立山と桜の風景を楽しめます。

works_omiyamachi3.jpg

夕陽に染まる通路
廊下の先には西に面した窓。「西日」は避けられがちですが、「夕陽」は心地良いひかりと風景を届けてくれます。季節や時間によって変化する太陽の陽ざしと上手に付き合い、その時々の心地良さを取り入れることも快適なすまいづくりのひとつです。