施工事例

#
富山市蓮町の運河を望む家

玄関を開けてリビングに入ると、運河の護岸に植えられているエノキの大木が目に飛び込んできます。夏にはウッドデッキに木陰を落とし、葉を落とした冬には穏やかな陽ざしを家のナカに運んでくれる、心地よい家になりました。

 

works_unga_1.jpg

段差のあるリビング

敷地と運河の高低差を少なくし、家に奥行感と開放感をつくるための工夫。腰かけることもできるので、この段差も家族の居場所の一部です。

 

works_unga_2.jpg

キッチン・ダイニング

キッチンのすぐ横にダイニングスペースを置くことで家事の動線もスムーズに。大きな窓の前には掘り込みのスタディスペース。家事の合間、子ども達の勉強する姿と一緒に外の緑も眺めることができます。

 

works_unga_3.jpg

玄関を開けた先に

玄関を開けると、立派な枝ぶりのエノキの緑が目に飛び込んできます。杉の無垢材の暖かな色と、奥に見える緑のコントラストが疲れて帰ってきた体を癒します。

 

works_unga_4.jpg

深い軒

深い軒は夏の強い日差しを遮り、室内が熱くなるのを防いでくれます。また、ウッドデッキにも木陰をつくってくれるので、外に出ていても快適に過ごせます。

 

works_unga_5.jpg

吹き抜け

リビングの上は吹抜け。どこにいても家族の気配がわかり、声が届く空間です。

 

works_unga_6.jpg

スタディコーナー

ダイニングには、堀込みのデスクスペース。勉強の合間に緑と穏やかに流れる運河を眺めてひと休み。

 

works_unga_7.jpg

子ども部屋

将来は間仕切りを設けて個室に。今はまだ子ども達が自由に遊んで過ごせるフリースペースとして。家族の変化に柔軟に対応できることも永く暮らすための工夫です。

 

works_unga_8.jpg