アシストの家の暮らし

#
Sさんは山小屋のご主人。六月から十月はずっと山のうえ。寝る間もないほど忙しい日々をすごします。オフシーズンは山を下りて、ゆっくりと日々の暮らしを楽しみます。
#

リビングからも、キッチンからもご主人の山小屋がある立山連峰がのぞめます。

#

リビングのソファーでくつろぐご主人。この家でもっとも眺めのいい場所です。その奥にはキッチンがあります。

#

奥様は朝、子どもたちのお弁当をつくりながら窓越しに山を眺めるのがお気に入り。

#

家を建てるときに大事にしていたことは2つ。ひとつは自然素材を使うこと。床や建具は杉、壁と天井は珪藻土。玄関アプローチには枕木を敷いています。

#

もうひとつは居心地の良いリビングにすること。開放感があるリビングは家族全員が大好き。みんなが自然にあつまって思い思いに時間を過ごします。

#

土間の奥にあるコーナーは奥様のお気に入り。中庭を眺めながらひとりの時間を楽しみます。

#

ご主人は夜、薪ストーブ前でごろりと横になってリラックス。薪ストーブと床暖房があるので、冬の朝でも暖かさを感じられます。

#

階段に腰掛けて調べ物。風が通り抜けるこの場所がここちよく、ついついここに座ってしまいます。

#

大きな窓のある寝室。隣家からの視界をさえぎるために小屋(ベース)をここに配置しました。

#

小屋(ベース)からみた寝室とランドリールーム。南からの明るい陽射しが差し込みます。

#

ご主人の仕事道具や、趣味のDIYツールをおさめる小屋(ベース)。好きなことに没頭できる場所です。

#

きょうは山で使うシューズのお手入れをします。

#

この家に住み始めてから、今まで興味がなかった庭や緑が好きになったというご主人。来週届く苗を植えるのを楽しみにしています。

#

晴れた日には、深い軒のあるウッドデッキで山を眺めながら穏やかな時間を過ごします。

#

夏涼しくて、冬暖かい。家だけではなく庭、ウッドデッキ、小屋までトータル設計なのでかっこいい。

想像以上にすてきにできあがって、住み始めた頃はホテルに来たような違和感があったけど、いまはとても心地よく住んでいると語るSさんです。