#
心地よさの作り方
#
3
間仕切りのない広い空間に、たくさんの居場所をつくると、どこにいても家族の声が聞こえ、温もりが感じられる家になります。

みんなが集まる場所

広々として気持ちのいいリビングがあれば、家族が自然に集まります。集まった家族それぞれが気持ちよく過ごせるように、リビングにはたくさんの居場所をつくります。ソファーはもちろん、床の段差や階段、窓、壁、柱などにも工夫して、腰掛けたり、寄りかかったりできるようにします。家族それぞれが別のことをしていてもお互いの気配が伝わり、温もりが感じられ、自然と会話が生まれます。

 

tsukurikata08a.jpg

アシストの家の暮らし「にぎやかな声に囲まれて

ひとりの場所

家の中にはひとりになれる場所も必要です。仕事をしたり、趣味に没頭したり、ただ静かにくつろいだり。自分の世界にひたれる場所がほしいもの。そこで、リビングの横に小さな和室をつくったり、2階の吹き抜け側にデスクをつくったり、庭に小屋をつくったりします。多用途に自由に使える小さなスペースは、豊かに暮らすためのちょっとしたゆとりです。

施工事例「滑川市寺町の田園住宅

アシストの家の暮らし「にぎやかな声に囲まれて

アシストの家の暮らし「オフシーズンの穏やかな日々

施工事例「小矢部市の現代町家