#
心地よさの作り方
#
1
景色を楽しめるように、光が入るように、風の通り道ができるように、敷地を丹念に調べ、プランニングします。
窓をあけて暮らしましょう

明るい陽ざし、さわやかな風、そして美しい景色。 心地よさは自然があたえてくれるもの、家の外からやってきます。自然の恵みをふんだんに受け取るために、私たちは丁寧に敷地を調べます。時間をかけて、陽の当たり方、風の通り方、視界の広がり、隣家の状況など、その土地が持っている場所の力を読みとることから家づくりを始めます。

佐伯邸パース3A.jpg

アシストの家の暮らし「オフシーズンの穏やかな日々

一番よい場所をリビングに

敷地を丹念に調べると、どこを中心にするか、どちらを向くかが見えてきます。一番よい位置がみつかったら、そこに家族が集まるリビングを配置し、光が入るように、風が通り抜けるように、そして美しい景色を切り取るように窓の大きさ、形、位置を決めます。

一日の始まりには爽やかな光がふりそそぎ、暮れ時には美しい夕陽が差し込む。春にはまぶしい新緑を仰ぎ、秋には鮮やかな紅葉を眺める。そして風は木々や花の匂いを連れてきます。一日の時間の流れ、四季の移ろいが暮らしに安らぎとうるおいを与えてくれます。

tsukurikata02b.jpg

tsukurikata03.jpg

施工事例「小矢部市の現代町家

一日の始まりには爽やかな光がふりそそぎ、暮れ時には美しい夕陽が差し込む。春にはまぶしい新緑を仰ぎ、秋には鮮やかな紅葉を眺める。そして風は木々や花の匂いを連れてきます。一日の時間の流れ、四季の移ろいが暮らしに安らぎとうるおいを与えてくれます。

施工事例「滑川市寺町の田園住宅