コンセプト

HOME>コンセプト

【四季のある家】
自然とのいい関係が、健やかな暮らしを描く。

自然を取り入れた家づくり 家と空 ウッドデッキからの景色


気持ちのいい家を作るには、
外の景色、空、風、光を取り込むことが大事。


だから、私たちは、敷地調査で、
周囲の家の配置や景色、日の当たり方、風の流れなど、
"その場"を読み取ることから家づくりを始めます。


光が入るように、
風の通り道が出来るように、
周囲の美しい風景を映す額縁になるように、窓を配置します。


ひなたぼっこをしたり、花を愛でたり、風にあたったり。
縁側をよくご提案するのも、
自然を身近に感じられる場所だからです。


私たちが目指しているのは、"自然室温"で暮らせる家。
高気密・高断熱、エアコンにあまり頼らなくても、
私たちの身体には体温の調整機能が備わっているのですから。



【時間が流れる家】
自然素材とともに年を重ね、思い出を刻む。

日本特有建具の障子 珪藻土の塗壁 ブラインドから差し込む光


私たちは、
無垢材や和紙、土壁など、
やさしい風合いや質感を持つ、自然素材をなるべく使用しています。
生きている素材は、呼吸をしているから、
不快な湿気も吸収してくれます。
だから、一緒に暮らしていて、気持ちがいいんです。


主張が強くないところも、自然素材のいいところ。
住む人の暮らしにどんどん馴染み、
時の経過とともに味わいが増していきます。


障子や引き戸、格子など、
日本特有の建具を多く用いているのも特徴。
引き戸は開け閉めが自由なので、
暮らしの流れをスムーズにし、空間の使い方の幅を広げます。
また、障子は、月明かりや陽の光などを映し出し、
暮らしに風情をもたらします。


一緒に時を重ね、思い出を刻んでゆく。
やさしい素材は、住む人の表情をも和らげます



【ゆとりのある家】
シンプルで小さな家が、大らかな心を育む。

手描き図面


家は必要以上に大きくなくていい、
小さくてもいいと思います。


小さな家でも、間仕切りを最小限にし、一体感をもたせることで、
家のどこにいても家族の声が届き、温もりが感じられ、
自然と会話が生まれる、大らかな家になります。


家全体に一体感を持たせながらも、
光の明暗や天井の高低差など視覚的に変化をつけることで、
空間に豊かな表情を生み出していることも特徴。
また、視線に抜けをつくることで、
空間に広がりを、心に開放感をもたらしています。


一日一日を、
そして、いつまでも気持ちよく。
暮らしの変化にもフレキシブルに対応できるよう配慮しています。



デザインは、外観も間取りも、いたってシンプル。
余計な装飾を省くことで、メンテナンスが容易になり、飽きも来ません。
不要なものには予算も費やさず、その代わりに一本でも庭に樹を植えます。


家族の温もり、開けた視界、癒しの風景、将来への安心。
心にゆとりをもたらす家は、
家族の笑顔を育みます。



>HOME      
>モデルハウス写真集      
>完成写真集      
>コンセプト      
>会社概要      
>ブログ      
>サイトマップ


>モデルハウス見学予約      
>電話でのお問い合わせ      
>メールでのお問い合わせ      
>プライバシーポリシー      

Copyright ©2012 アシストプラスアルファ株式会社 All Rights Reserved.

〒939-8213 富山県富山市黒瀬404-1
電話:076-495-7911(代表) FAX:076-495-8477
e-mail:info@assistplus-alpha.com